サガミホールディングスとは | 株式会社サガミホールディングス

ABOUT SAGAMI サガミホールディングスとは

MESSAGE代表挨拶

代表挨拶

お客様、地域の皆様、株主様、お取引会社の皆様、日頃のご愛顧とご厚情に心より厚く御礼申し上げます。

当社は1970年の創業以来、名古屋を地盤とし、蕎麦、うどん、なごやめしを主体としたお食事を提供してまいりました。2014年1月に首都圏を中心に店舗を展開している味の民芸フードサービス、そして2016年に3月に神奈川県に店舗網を持つ和食レストラン「濱町」、2018年4月にラーメン専門店「ぶぶか」が当社グループに加わり、業容が拡大しつつあります。特に「味の民芸」と一体になったことにより、日本の二大経済圏における、強力な「和麺」ファミリーレストランチェーンが誕生いたしました。

2017年7月には、東証・名証一部上場20周年を迎え、2020年には創業50周年を控えております。そのような環境の下、当社は2018年10月1日をもって、株式会社サガミホールディングスへ移行いたしました。経営戦略機能と業務執行機能を分離することにより、更にスピードをあげ、改革・改善に取り組んでまいります。

また、海外への蕎麦訴求活動も継続し、積極的に進めております。2015年にイタリアにて開催されたミラノ国際博覧会日本館での盛況を受け、実施した1年間の長期テストマーケティングにおいても、好調のまま契約満了を迎えたことで、今後、当社の海外展開における重点出店地域と位置付けているASEANのみならず、欧州での展開を視野に入れ、現地パートナー企業との合弁会社設立に向けて取り組みを進めております。

国内外において、「健康」は一つの価値となりつつあります。また、当社の強みである蕎麦は健康価値が高い食材として知られています。当社は、韃靼そばや減塩メニューなど、様々な「健康」に配慮したメニューの提供を行っておりますが、今後も積極的に新たなメニューの開発、商品化を行い、さらなる健康志向への対応を進めてまいります。

これからも、ビジョン「No.1 Noodle Restaurant Company」の実現に向け鋭意努力してまいりますので、なお一層のご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役会長 兼 最高経営責任者(CEO) 鎌田 敏行
代表取締役社長 兼 最高執行責任者(COO) 伊藤 修二
2018年10月1日

経営理念

私たちは、「食」と「職」の楽しさを創造し、地域社会に貢献します

~すべては みんなのゆたかさと笑顔のために~

グループビジョン

No.1 Noodle Restaurant Company

サガミグループは常に一番を目指し、努力し成長していきます

グループビジョン

グループビジョン

Smile
笑顔あふれる営業店舗
Global
世界を視野に入れた経営
Magokoro
外国の人々にも伝わるおもてなしの心
Translate »