コーポレートガバナンス | 株式会社サガミホールディングス

CORPORATE GOVERNANCE コーポレートガバナンス

基本的な考え方

当社では、「コーポレート・ガバナンスの考え方」に基づき、株主様、お客様、お取引先様、従業員等、すべてのステークホルダーに対し、健全かつ公正で透明性の高い経営を行うことを重要な経営課題のひとつとして位置づけております。
また、サガミグループビジョンである「No.1 Noodle Restaurant Company」を全従業員で共有し、食文化を通じて地域社会に貢献するとともに、経営環境、市場環境の変化に即応し、適宜必要な施策を実施してまいります。

コーポレートガバナンス体制・仕組み(2018年10月1日現在)

コーポレートガバナンス体制・仕組み

グループ経営体制の構築

グループ代表者が集まり週に1回、 グループ経営会議を開催 常勤監査役も常時出席し、経営の健全性を担保

信任投票の実施

代表取締役について
毎年、役員による無記名信任投票を実施

指名・報酬諮問委員会の設置

取締役の選解任の検討、
および報酬の決定プロセスを透明化
過半数を社外役員にて構成

コーポレートガバナンス報告書(PDF)

「コーポレートガバナンス」 2018年6月28日更新

「コーポレートガバナンス」 2018年10月1日更新(PDF:244 KB)

PDFで内容を確認する

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerのダウンロードはこちら

Translate »